1年間、整形外科研修に行っていました☆

ブログ管理人の平岡は、社会経験ゼロの状態でゆうき堂に入りました。


当初、挨拶もできず人との会話も苦手でした涙


社会に慣れるという課題もあったので、

私は1年間の現場研修をさせていただきました!


それは、院長の恩師の整形外科で1年間お世話になるというものでした。


週2回の研修でしたが、整形外科的な疾患や解剖学などを学べました。


リハビリ室の先生方は9割が男性で、私は最初焦りましたが


先生方1人1人が優しく話かけて下さったので、


毎週働くのが楽しみでなりませんでしたにぱっ☆


専門学校で骨・筋肉・疾患を学んだのに、


実際の現場にでるとわからなくなってしまう場面が多々ありましたが、


スタッフの方々に聞くとわかりやすく説明してくれたので、


勉強がさらに楽しく感じました音符


リハビリ室に来る患者さんとも、毎週会っていると顔を覚えてくれて


「今日は舞ちゃんがいると思ってきたんだよ」と言ってくれる方がいたり


私が患者さんから元気をもらっていましたべー

そして3月26日、私の整形外科研修が終わりました。


たくさんの患者さんと関わり、お話や丁寧な説明をする大切さ、


スタッフ・仲間との連携の取り方、


疾患・解剖学的な知識といった自分の課題


などなど、学んだことがたくさんありすぎて、お別れがとても寂しく感じました。

優氣堂のブログ

ずっとつけていた研修バッヂともお別れとなりましたが、


整形外科で学んだ事、患者さんとの関わりは今後に生かしていきます☆


こんな研修もゆうき堂では行っているんですよ星




*****************************:


クローバー今週のゆうき堂FACEクローバー



優氣堂のブログ


名前:高橋 知子先生

資格:鍼灸師

質問:①仕事で楽しい・嬉しい事は?

    →利用者さんの昔のお話を聞けること。

      元気になる喜びを分かちあえること流れ星

   

    ②仕事で大変な事は?

    →痛みがとれないこと。

      雨の日に濡れた靴と靴下で、利用者さんのおうちに入ること泣く

平岡から見た先生:高橋先生はお姉さんの様な存在です♪

            施術中も利用者さんととても楽しくお話されています(^-^)

            日本古風なものが好きなのか、

            携帯には歌舞伎のシールが貼ってある面白い先生です歌舞伎・定式幕

            ニックネームは「ともちゃん」ですチューリップ

***********************
痛みを笑顔に

訪問はり灸マッサージの

ゆうき堂治療院


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA