症例報告

ケガが原因で趣味のバイオリンが出来ずに悩んでいる

施術担当:鍼灸マッサージ師 川名

ケガが原因で趣味のバイオリンが出来ずに悩んでいるご利用者様
地域のオーケストラに参加するほど、長年趣味であったバイオリンの演奏。約1年半前に右肩の腱断裂手術後、ケガした右肩の可動域制限が原因で思うように高音が弾けなくなる。

接骨院で治療を受けていたが、ご近所でゆうき堂の訪問治療を受けている方に勧められ、治療の様子を見学していただき施術を開始。
右肩の動きの制限に応じて、鍼灸と徒手治療を併用。効果の実感が得られていないようでしたので、比較写真を撮影。視覚からの変化を確認することができた。
違和感なく演奏することが最終目標のため、まだまだ治療は継続していきますが、確実に一歩一歩前進しています。
いつか気持ちよく弾かれているバイオリンの音色を聞いてみたいと思います。

-症例報告